お休みのお知らせ

Cave de Le Cep will be closed on 4 / Monday / September

9月4日(月)は業務用試飲展示会のため
店舗はお休みいたします。



スポンサーサイト

Cave de Le Cep will be closed on 6 / Tue / June

明日 6月6日(火)は
業務用試飲展示会のため
店舗はお休みいたします。

Cave de Le Cep
will be closed on 6 / Tue / June

No store holidays during a period Golden Week.

ゴールデン・ウィークもお休みしません。
通常通り営業しています。

2017GW.png

Armand Rousseau

Domaine Armand Rousseau
Monsieur Eric Rousseau @ Cave de Le Cep 8/February/2017


ユベール・リニエ、ポンソに続き、またまた大物ドメーヌがル・セップにやって来た。アルマン・ルソー当主、エリック・ルソー氏。

ルソー9 (2) 
お昼、エリックさんとお寿司を食べながらお話ししてたら、25年振りに来日とのこと。この話を聞いて当時のヴィノテーク誌だったか?ウォンズ誌だっか?の記事を思い出した。銀座ミツミの招聘だったと記憶してるが、エリック・ルソー氏ら、数人のドメーヌ当主が始めて来日した。この時代こそが日本におけるドメーヌワインの幕開けである。ドメーヌ・ワインのパイオニアとなった、そのルソーがル・セップに、、、。歴史的ドメーヌの当主を前にし、自身の歴史を重ね合わせ、何とも感慨深いものがある。
私がサラリーマンを辞めて家業である酒屋の三代目となっのが今から30年前、ワイン業界は黎明期で、ドメーヌ物のブルゴーニュ等まだ見る由もなかった。
カルヴェにクルーズといったボルドー、ブルゴーニュを両方手掛ける大手ネゴシアンの時代。そして、ルイ・ラトゥール、ジョセフ・ドルーアン、ルイ・ジャド等、ブルゴーニュ専門のネゴシアン・エルヴール兼大ドメーヌが日本市場を席捲し始める。
所謂ドメーヌ(小規模ワイン農家)は、ネゴスの供給元で、まだ自家元詰めが殆どなく、ルソーやモンティーユ、ダンジェルヴィルなど幾つかのドメーヌが元詰めを始めてたに過ぎない。今では万華鏡の如く、煌くドメーヌが日本に輸入されているが、まさに隔世の感がある。
さて、エリック氏だが、終始見せる、にこやかな笑顔は、初めて会った気がしない程、親し気で、まるで久しぶりに会った知人のよう。ル・セップのワインセラーに書かれたワイン生産者のサインに興味津々。エリックさんの仲良し、サロン社長ディディエ・デュポンのサインに大喜び。そして二人でサロンのボトルを手に抱え、彼のスマホでパチリ。今からディディエに、この写真送るよ、と。
ダヴィド・デュバンのサインも見つけ、彼は遠い親戚なんだ、とエリック氏。ドニ・モルテも親戚らしく、最近アルノー・モルテが段々僕のワインに似てきた、と嬉しそう。
白ワインは自家消費用でも全く作ってないらしく、ギィ・ルーロやエチエンヌ・ソゼ、ポール・ペルノ等、仲良しのドメーヌと交換するのだとか。本筋から離れた話しでも、エリックさんは楽しく語ってくれる。
この素晴らしき出会いに感謝。
Monsieur Eric ! また、Ban Bourguignonやりましょう !!

ルソー3 (2)

ルソー4 (2) ルソー5 (2) 
ルソー10 (2)
ルソー12
ルソー7 (2)

ルソー1

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】