HOME>Bourgogne

ブルゴーニュからのお客様


Domaine de la Madone  ドメーヌ・ド・ラ・マドンヌ
 
ブルゴーニュはボージョレからドメーヌ・ド・ラ・マドンヌの当主ブルーノ・ベレール氏が
ル・セップにやってきました。 
 


Madonne①

ドメーヌ・ドゥ・ラ・マドンヌはペレオン村を代表する自然派の造り手です。穏やかながら頑固な仕事人・ブルーノ・ベレール(現当主)を中心にオリヴィエ・ベレール(弟)、ジャン・ベレール(父)とともにペレオンの誇りである小区画を守り続けています。これまでのヌーヴォーのイメージを一新する力強い味わいと奥深さは世界中で高評価を受けています。
 

Madone 00 


≪ボージョレのグランクリュ≫ ~隠された小村・ペレオンに広がる小区画~

ワインアドヴォケート、ワインスペクテーター、リベラシオン等各誌が賞賛するマドンヌのワインはまさに「ボージョレのグランクリュ」と言える小区画のブレンドです。各区画のブドウはそれぞれに個性を持つため、収穫日から醸造まで全て区画ごとに行っています。ペレオン自体もボージョレで11番目のクリュになるといわれる、最も有力なクリュ候補です。

≪大昔からの畑・古樹を守り続けるドメーヌ≫ 

数百年にわたってペレオン村にベレール家が所有するこれらの畑は、昔ながらの自然農法とともに代々受け継がれています。マドンヌのブドウは長生きで、120年以上の古樹のみの小区画もありますが毎年元気に実を付けています。

≪畑では遅摘み・低収量、こだわりの自然派≫

高い丘が多いボージョレでも比較的標高の高い位置に畑があるおかげで、実がじっくり成熟し、よりフルーティなブドウが生まれます。低収量で完全に熟した実だけをとるのがポリシーであるため、多くのボージョレの造り手よりも収穫が12週間遅くなります。マドンヌではボージョレでもいち早くグリーンハーヴェストを採用しました。また、病気が発生してもすぐに農薬に頼ることなく、過去には1つ残らず腐ったブドウの房を取り除き、カビの蔓延を防いだことがあります。さらに、標高が異なるものや日光の当たり方が異なるもの(南東と西)は別々に醸造されるので、それらをブレンドすることで、より素晴らしい複雑さを持つワインに仕上がります。選別はその年の状況や収穫時の状態によって、37度にわたって徹底的に行われるため、品質の劣るブドウが混ざることもありません。毎年常に凝縮感ある美味しいワインを期待できます。

≪伝統の味を支える最新技術≫

厳しいブドウの選別が特徴のマドンヌでは、ワイナリーでもコート・ドゥ・ニュイにあるような選別台を使用しています。必要とあればタンクに入れる前のブドウを乾燥させるための機械も所持しており、さらに、十分な抽出が行えるよう、熱管理できる醸造設備も整えています。これらは、新鮮味や熟成能力を落としかねないような酵母を添加しなくても良いようにするためです。ヴォーヌ・ロマネでもこれほど設備を充実させているドメーヌは珍しいでしょう。

 

2009ヴィンテージのヌーヴォー、ワイン・スペクテーターにて堂々のトップ評価!≫

2009ボージョレ・ヌーヴォーを特集したワイン・スペクテーター(Web20091119日掲載)では、マドンヌのヌーヴォーがジョルジュ・デュブフなど他8アイテムを押さえ88点とトップに輝き、その実力を証明しました。

標高:280m500m   土壌:花崗岩を多く含む  

平均樹齢:約35年 (1880年代に植えられた樹齢120年以上の区画もあり)]

栽培:3ヘクタールでビオディナミ農法を実施、基本的にリュット・レゾネ(減農薬農法)を採用。

醸造:自然酵母のみ使用。マセラシオン・カルボニックの手法はとりません。

 

 

2008 Beaujolais Villages Le Perréon  <ボージョレ・ヴィラージュ・ル・ペレオン>   1,780

マドンヌのスタンダードキュヴェ。ベレール家の持つ全ての区画のブレンドです。

 

2007 Beaujolais Villages Le Perréon Fut de Chêne  <フュ・ドゥ・シェーヌ>   2,480

マロラクティック発酵と熟成を木樽で行う上級キュヴェです。

 

2007 Beaujolais Villages   Cuvée Jean Baptiste  <キュヴェ・ジャン・バティスト> 2,980

マドンヌの創立者、ジャン・バティストに敬意を表して造った最高キュヴェです。

 

2009 Beaujolais Villages Blanc  <ボージョレ・ヴィラージュ・ブラン>                  2.280

桃やアプリコットの完熟した味わいの素晴らしいシャルドネ。シスト土壌から来るミネラル感と粘土質からの肉付きのバランスが非常に良く取れたワインです。

スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】